プログラミング教室


■Qt Creator 使って見る

1.Qt Creatorを起動してください。   
  
  
  ようこそ画面です。
  この画面では、プロジェクトの新規作成や過去のプロジェクトを読み込んだりできます。
  
  
  
  ボタンが白くなっているのが、モードを示しています。編集モードに切り替えたり、デバッグモードに切り替えたりします。
  
  
2.それでは、初めてのプログラムを新規に作成してテスト実行してみます。   
  
  
  プロジェクトをウィザード形式で新規作成します。
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  コンパイルして、実行してみましょう。
  
  
  実行ボタンでは、コンパイルが必要ならコンパイルしてから、実行してくれます。
  エラーがある時は、コンパイルエラーで止まります。   

    初心者のための補足解説(EXEができるまで)
  

  
  
  
  この画面が表示されれば、成功です。



プログラミング教室 実習一覧へ