更新情報

このソフトのインストール方法

2017/11/15
unifiler ver 5.43←DOWNLOAD
5.43
インクリメンタルマスクとパス入力欄で漢字が入力できないバグを修正
2017/11/04
unifiler ver 5.42←DOWNLOAD
5.42
ファイル一覧の新しい順の▼が逆だとの指摘で修正しました。
マウスの戻るボタンで戻るフォルダバグ修正
2017/10/17
unifiler ver 5.40←DOWNLOAD
5.40
フォルダのショートカットファイル(lnk)でダブルクリックするとunifilerで開くオプションを追加
..上で右クリックすると落ちるバグを修正しました
マウスの戻るボタン対応。検索モード時に複数ファイルのリネームを許可しました
ファイルリスト外でクリックで落ちるバグを修正
2017/10/09
unifiler ver 5.30←DOWNLOAD
5.30
ファイルサイズとタイムスタンプ上で右クリックした場合は、そのフォルダが対象と
なる昔の仕様と同じに修正しました。
アクセス拒否フォルダで、ファイルリストが1件も無い場合に、ダブルクリックする
と落ちるバグを修正
ファイルリストでフォルダのダブルクリックの反応が悪いバグを修正
RenameCopyが動かないバグを修正、入力ヒストリのDELボタンバグ修正
コマンド入力中は読み直し停止します
2017/09/02
unifiler ver 5.25←DOWNLOAD
5.25
ファイルを連続ダブルクリックでMove誤判定になり同一フォルダ警告が出るバグを修正
エディタ1アイコンで、エディタ2が起動していたバグを修正
2017/08/03
unifiler ver 5.23←DOWNLOAD
5.23
他のアプリへドロップした後に、ファイルリストのリフレッシュが止まるバグを修正
2017/07/28
unifiler ver 5.22←DOWNLOAD
5.22
unifiler.ini がマルチモニター右側モニター座標になっていました。 ヒストリー付き入力ウインドウのヒストリー削除が2つ消えるバグ修正
2017/06/12
unifiler ver 5.21←DOWNLOAD
5.21
ヘルプドキュメントも更新できるようにしました。
2017/06/04
unifiler ver 5.20←DOWNLOAD
5.20
新バージョンチェックの更新時に暗号キーで照合して正式リリース版の場合のみ更新します。
2017/06/02
unifiler ver 5.14←DOWNLOAD
5.14
フォルダによりCPU消費が大きくなる問題がやっと解決しました。
2017/05/28
unifiler ver 5.13←DOWNLOAD
5.13
入力ダイアログの□大小同一視、□含むオプションを保存するようにしました。
監視スレッドのアイドル中のCPU消費が最小になるように調整しました。
BackSpaceキーで戻った時にカーソル位置までスクロール表示しないバグを修正しました。
2017/05/22
unifiler ver 5.12←DOWNLOAD
5.12
アップデートコピー等が動かなくなっていました。
メニューの無効項目をわかりやすい色に変更しました。 画面部品の無効項目も分かる色に変更しました。
Qt5.8.0に変更。
2017/05/06
unifiler ver 4.03←DOWNLOAD
4.03
ディレクトリヒストリーへの保存条件を10秒以上滞在したフォルダも保存するようにしました。
・拡張子連動で起動した場合
・エディタを起動した場合
・10秒以上滞在した場合
ヒストリー保存する条件が難しくて移動しただけのフォルダは除外しましたが、今度は少なすぎて使えない。
そこで時間制を導入して見ました。作業していなくても、また戻りたいことあるんですよね。これでかなり、いい感じになったと思います。
使ってなかった人は [H] でヒストリーメニューを出して見てください。
Copy Move後のフォルダ読み直しのタイミングを見直ししました。プロセス終了を監視して読み直ししました。
2017/05/02
unifiler ver 4.02←DOWNLOAD
4.02
ツリーの右クリックをエクスプローラー互換メニューにしました。
2017/05/01
unifiler ver 4.01←DOWNLOAD
4.01
ヘルプの画像表示で、Load失敗するのを修正しました。
カレントが動いた後だとダメでした。

2017/04/26
unifiler ver 4.00←DOWNLOAD
4.00
ドキュメントを全部見直ししました。ダイアログ単位でヘルプボタンを付けました。
ヘルプボタンをクリックすると説明が表示されます。
さらに、アイコンを見直しツールバーにアイコンを追加しました。
[*.*]部分をクリックすると、マスクダイアログが表示されるようにしました。
2017/04/23
unifiler ver 3.90←DOWNLOAD
3.90
ツリー表示を見直ししました。ツリー使いたい人は再挑戦してください。
・ツリーの表示幅の再現が動かなくなっていました。
 すいません、使っていなかったので、分かりませんでした。
・ツリーの上でWheelを回すと、カレントが動いていて使いづらいので、Wheelでは
 カレントが動かないようにしました。
・背景色、文字色を変更可能にしました。
・フォントの大きさも設定可能になっています。
・フォルダ履歴すべてを検索して、履歴にあるものは、目立つように太字で表示し
 ます。
インクリメンタルマスクに含む場合も該当にするオプションを付けました。
・デフォルトは含む指定にしました。排他指定は、マスクの方で指定して、通常は
 こちらばかり使うかも知れません。
ユーザー定義拡張子の色分けをもう一つ追加しました。
色分けを別の色でしたい場合に使ってください。
アイコンを見直しツールバーにアイコンを追加しました。
操作キーを忘れる人用です。
2017/04/06
unifiler ver 3.81←DOWNLOAD
3.81
右クリックのファイル名をクリップボードにコピーした時にファイルが1つの時にも
\nが入っていたのを修正。
Explororタイプの右クリックメニューに「移動」を追加。
unireplace の呼び出しパスをオプションで設定できるようにしました。
Qt5.8.0版のunireplaceをインストールして呼び出す事ができるようになります。
エディタもgrepもQt5.8.0版を呼び出す設定ができます。
2017/03/29
unifiler ver 3.80←DOWNLOAD
3.80
「全選択する時にフォルダもマークする」オプションを追加しました。
ファイルリスト毎に、フォルダもマーク、アイコン読み込み、画像リスト読み込み、
自動リフレッシュの ON/OFF をボタンで一時的に指定できるようにしました。
初期値はオプション設定から読み込みします。
フォルダ比較時に「□2秒以内は同一とみなす」オプション追加
unifycopy.exe も3秒以内→2秒以内に変更。比較ロジックも修正。
(msecで比較していたため、3秒としていた)
unieditor 5.80
キーワード色分け機能のON/OFFができるボタンをツールバーに追加しました。
キーワード色分けをOFFにすると、1行の桁数が多いファイルなどでカーソル移動が
改善されるはずです。
検索キーワード2をツールバーに表示するようにしました。
検索ダイアログと置換ダイアログの表示位置が Dualモニター時に変な所に表示される
ことが多いのでダイアログの位置を保存復元しない様にしました。
2017/03/12
unifiler ver 3.71←DOWNLOAD
3.71
パック時に既に存在するファイルの場合には、自動で連番を付ける機能のON/OFFを保存していませんでした。
3.70
各種入力時にヒストリー操作(移動・削除)をボタンで可能にしました。
ヒストリーを絞り込み表示対応に改造しました。(大/小文字識別や含む場合も絞り込み対象等)
入力時のカーソル位置が先頭がいい場合は、カーソル右端へのチェックを外してOKを押すと次回から常に先頭になります。
学習機能はONがデフォルトで選択部品は消しました。学習機能をOFFする場合は、Iniファイルに直接 false を書き込んでください。
3.61
ファイルドロップ時に速すぎるドロップは誤操作と判定する為の時間設定ができるようにしました。
2016/10/26
unifiler ver 3.60←DOWNLOAD
3.60
ファイルドロップ時に、ドライブが違ってもMoveするオプションを追加しました。
画像ファイル上で右クリックして、デバイスキャストサブメニューが表示できずに落ちていたのを修正しました。

unifiler

キーボード主体でワンキーでコマンド操作するタイプのファイラーです。(マウスでも操作可能)
Unifiler環境ツールステーションとして、簡単に呼び出す設計がされていますので、ファイラーから使う とさらに便利になります。この環境は、次第に手に馴染んでしまい、手放せないツールとなります。






・ユーザーインターフェースが熟成されており、初期値の取得などでも手入力を削減しています。
 全ての入力にヒストリーがありますので、手入力を極力なくすことができます。
 初期値のコツを理解したら、他のファイラーには絶対にできない機能なので、便利ですよ。
・テキストエディタを開かないでも、ビューモードでカーソルを動かすだけで、ファイルを次々に
 プレビューできて、内容を高速で確認できます。
・Wウインドウファイラーで、コピー元とコピー先を同時に見ながら作業をすることができるので、
 ファイルコピーのミスを無くす事ができるようになります。
・トラブルの原因を探る場合に、ファイルのタイムスタンプや、ファイルサイズなどで、正しい
 モジュールか確認しますが、操作を覚えるとさらに簡単なタイムスタンプ比較などもできるよう
 になります。人間の目で比較をしないで、早く簡単に確認できるようになります。
・バックアップは大切だと思われる方も多いと思いますが、ツール任せだったり、後から使う事も面倒な
 ので、使っていないのではないでしょうか? ファイラーの圧縮と解凍は強力です
 さらにアーカイブモード(書庫の中身を一覧表示)の使い方を覚えると、簡単にバックアップの利用が
 できるようになります。
・OSのファイル管理の仕組みを自然と理解できるようになります。
 エクスプローラだけを使っている人と比べて見てください。明らかにスキルアップしていますよ。

unifilerだけの機能

・圧縮書庫ファイルをフォルダのように操作できます。
 Windows用 7z、lzh、zip、tar、cab、rar(解凍のみ)
・良く使う ディレクトリを設定して素早く移動 できます。
・良く使う作業ディレクトリを 左右セットでブックマーク して素早く再現できます。 
・全ての入力に ヒストリー機能 が付いています。また 学習機能 もついています。
・入力ウインドウのサイズを記憶します。見やすい大きさに変更してください。
・時間の掛かるコピーや削除が別プロセスで起動しますので他の作業を行えます。
・画像や html や mp3、テキストなどを プレビュー しながら作業ができます。
大きなファイルの 分割、結合 が簡単にできます。
マルチターゲットコピーができます。
ファイルの コード変換 が簡単にできます。
unitext , unigrep, unireplace も同梱しています

もっと詳しく説明を見る場合は、 unifilerヘルプ  を見てください。

↑ PAGE TOP