更新情報

このソフトのインストール方法

2018/06/14
unigrep ver 4.10←DOWNLOAD
4.10
検索経過表示の改善、スレッド終了判定変更
2018/06/07
unigrep ver 4.01←DOWNLOAD
4.01
フォルダ検索時のマルチスレッド終了判定に間違いがありました。
ブロックコメントの色表示バグを修正しました。
2018/05/25
unigrep ver 4.00←DOWNLOAD
4.00
unitextとキーワード連携するオプションを画面に追加しました。
unitext側で、F5した場合のみ unigrepのキーワード欄にも転送されます。
オプションがONの間は、いつもunitextのキーワードが転送されます。
2018/03/31
unigrep ver 3.90←DOWNLOAD
3.90
grep途中でもプレビューできます。
ファイルコードの自動判定ロジックを更新しました。
書込時のBOM部分を変更しました。
マルチスレッド中止の反応が悪いのを修正しました
2018/03/10
unigrep ver 3.86←DOWNLOAD
3.86
2度以上実行した時に、バッファのゴミを最初に表示していました。
マルチスレッドを見直しして高速化しました。(約4倍位速くなりました)
2018/02/17
unigrep ver 3.84←DOWNLOAD
3.84
cpp //***** ブロックコメントの誤判定を修正しました。
ライン数カウント後に落ちていたバグ修正。
2018/01/06
unigrep ver 3.82←DOWNLOAD
3.82
grepで2度以上実行した時に、バッファのゴミを最初に表示していました。
2017/12/17
unigrep ver 3.73←DOWNLOAD
3.73
マルチスレッドの状況表示を行うようにしました。中止が少し早く反応するようになりました。
2017/09/03
unigrep ver 3.72←DOWNLOAD
3.72
grep結果表示のファイル名色をカスタマイズできなかったバグを修正
2017/06/04
unigrep ver 3.70←DOWNLOAD
3.70
新バージョンチェック機能を追加しました。
ヘルプ/バージョン表示ダイアログに新バージョンチェックボタンを追加しています。
ヘルプを変更しました。
2017/05/31
unigrep ver 3.63←DOWNLOAD
3.63
アンダーライン表示に位置が変なのを修正しました。
2017/05/22
unigrep ver 3.62←DOWNLOAD
3.62
メニューの無効項目をわかりやすい色に変更しました。
画面部品の無効項目も分かる色に変更しました。
アンダーラインに変更しました。
2017/05/20
unigrep ver 3.61←DOWNLOAD
3.61
入力欄のフォントが小さすぎでピリオドが見えないので、フォントを反映されるように修正
画面デザインを変えました。追加条件を常時には表示しないようにしました。
追加条件がある場合は最後に分かるように出力するようにしました。
画面デザインから見直ししました。
Qt5.8.0に変更。漢字の入力時のバグが無くなっています。
メニューにアイコンが出るようにしました

unigrep

テキストファイルから文字列を検索するツールです。数々の便利機能が搭載されています。
このソフトは、常に正規表現モードで検索します。慣れるとかなり強力なツールになります。
正規表現が難しいと思っている人は、絶対に誤解だったと気づくでしょう。
正規表現は、全部使う必要はありません。ANDとORとかが出来るだけでも十分です。
このツールを使えば「正規表現なんて簡単さ」と思えてくると思いますよ。

unigrepだけの機能

・常に正規表現モード。ヘルプ・サンプルで簡単に正規表現を覚えられますよ。
・文字コードを自動判別して、いろんな文字コードのファイルがあるフォルダを指定しても、検索
 できます。
・プレビュー機能がとても便利です。エディタを開かなくても該当箇所を見れるのでとても高速です。
・キーワードが色分けされます。検索結果が一目瞭然です。
複数行に跨る And 、Or 検索ができます。同一行でも可能です。
・背景色やフォントなどのカスタマイズが行えます。
過去ログ を保存しますので、再度呼び出して直ぐに見れます。
・対象ファイルの 行数カウントと集計もできます。
・マルチスレッドで動作しますので高速です。

もっと詳しく説明を見る場合は、 unigrepヘルプを見てください。

↑ PAGE TOP