更新情報

このソフトのインストール方法

2017/11/15
unitext ver 6.49←DOWNLOAD
6.49
Shift+F12でカーソル行がタグジャンプ情報ならファイルを開いてジャンプする機能
も追加
F5でキーワード記憶の時に_アンダーラインを区切りと判断しないオプションを追加
grep時にC++関数と章番号の固定リストメニューボタン追加
ルートフォルダに書き込み権限が無い場合にファイルのリネームに失敗して書き込み
できない問題に対策しました
失敗する時は、編集ファイルと同じフォルダに.bakと名前を付けてリネームします
縮小ビューにしおり行を黄色い線で表示するオプションを追加
tagsジャンプ後に見つからない場合は、ヘッダーファイルを開くをオプションにしま
した
cppファイルの時、tagsジャンプ後に見つからない時は、ヘッダーファイルを開くよう
に修正
cppの時は、タブ右クリックメニューにヘッダーファイルを開くを追加
2017/11/04
unitext ver 6.44←DOWNLOAD
6.44
TABコード表示を→に変更
ctagsサーチ時にログ出力オプション追加
対応する括弧にジャンプを文字列中の¥”は無視するように修正
対応する括弧にジャンプを文字列中は無視するように修正
入力ヒストリのDELボタンバグ修正
2017/09/05
unitext ver 6.36←DOWNLOAD
6.36
翻訳機能を見直ししました。
不安定な原因が分かりましたので、これで少しは使えるようになったと思います。
翻訳中止ボタンを付けました。翻訳ページブラウザーを表示するようにしました。
2017/09/02
unitext ver 6.35←DOWNLOAD
6.35
集団編集時のF3:文字列挿入時に、全角の空白、スペースのみが入力できないバグを修正
集団編集時の横スクロールが必要な編集時にカーソル位置が表示されないバグを修正
2017/08/03
unitext ver 6.34←DOWNLOAD
6.34
集団編集時の横スクロールが必要な編集時にカーソル位置が表示されないバグを修正
Shift+F4のキーワード挿入時のヒストリー削除が2つ消えるバグ修正
2017/06/12
unitext ver 6.32←DOWNLOAD
6.32
全文検索で、全文検索ダイアログの結果行で、F5,F6の作りこみを忘れていました。
エディタ編集文書で、F5を押した時にも、全文検索ダイアログが開いている場合は
単語が検索キーワード1にセットされます。
2017/06/08
unitext ver 6.30←DOWNLOAD
6.30
選択範囲の英語⇔日本語への翻訳機能を追加しました。
unitextヘルプ を見てください。
翻訳機能は、Firefox を起動していないと動きませんでした。原因は調査中です。
2017/06/04
unitext ver 6.20←DOWNLOAD
6.20
新バージョンチェック機能を追加しました。
ヘルプ/バージョン表示ダイアログに新バージョンチェックボタンを追加してい
ます。新しいバージョンが見つかったら、ダウンロードすると、自動更新して起
動します。この時、編集中のファイルは保存するか聞いてきますので、保存して
実行してください。
複数ファイルの編集時に便利な、ワークグループを保存して終了(Alt+F12)を
追加しました。

現在はワークグループは1つで十分だろうと思い1つ固定です。
次回引数無しで起動した場合にはワークグループで開きます。
1度だけ有効です。再度使いたい場合は、終了する時に Alt+F12で終了してくだ
さい。
2017/05/31
unitext ver 6.16←DOWNLOAD
6.16
全文検索ダイアログで、↑↓カーソルでプレビュー、→でエディタへ、とキーボードで
操作可能にしました。
テキスト内grepモードの時のアンダーライン表示が出来ていませんでした。
2017/05/28
unitext ver 6.15←DOWNLOAD
6.15
箱型選択範囲が消えないバグを修正しました。
オプションの履歴編集のバグを修正し、全削除ボタンを追加しました。
マルチラインコメントの途中でコメント色が通常色になるバグを修正しました。
2017/05/25
unitext ver 6.14←DOWNLOAD
6.14
栞5(自動編集箇所5箇所分履歴)の登録をF5では登録されないようにしました。
自動文字コードでShift-JISにならないようにバグっていました。
Shift-JISも正しく判定されるようになったと思います。
2017/05/24
unitext ver 6.13←DOWNLOAD
6.13
アンダーラインの位置がトップと次画面で違うのはQtのバグ(仕様)のようです。対策しました。
これでアンダーラインとフォントが被ることは無いと思います。
cppヘッダー登録後にフォーカスがヘッダーに移らないのを修正しました。
2017/05/22
unitext ver 6.12←DOWNLOAD
6.12
全文検索結果のフォントが大きすぎたので、テキストと同じにしました。
縮小ビューのリフレッシュでドキュメントコピーもするようにしました。
メニューの無効項目をわかりやすい色に変更しました。
画面部品の無効項目も分かる色に変更しました。
アンダーラインを1ドット下げました。
2017/05/21
unitext ver 6.11←DOWNLOAD
6.11
行番号ロックを廃止しました。使ってる人いないので。 サーチリストも廃止しました。あまり便利じゃないので。 縮小ビューを表示できる機能を搭載しました。海外の人気エディタ見たいですが、
ちょっとCPUパワーが無いマシンでは使い物にならない可能性があります。
検索キーワードの移動と記憶のバグを修正しました。
入力欄のフォントが小さすぎでピリオドが見えないので、フォントを反映される
ように修正。
Grep Dialogのデザインを変えました。追加条件を表示しないようにしました。
追加条件がある場合は最後に分かるように出力するようにしました。
「カーソルライン背景色を表示する」を廃止し、「カーソル行にアンダーライン
を表示する」に変更しました。
 漢字変換中の入力の色が見づらいのを解消します。これにより「カーソルライン
 は色分けしない」を廃止しました。
 カーソル移動のスピードも少しだけ改善しました。
画面デザインから見直ししました。
色々細かなバグを修正しました。

unitext

他には無い機能を多数搭載したテキストエディターです。






unitextだけの機能

・複数行の同一桁編集機能を搭載しています。 集団編集と名づけました。
・エディタの基本機能は全て搭載しています。
・文字コードの自動判別に対応しています。
・キーワードが色分けされます。検索結果が一目瞭然です。
・背景色やフォントなどのカスタマイズが行えます。
・便利なテキスト 加工ツール を沢山内蔵しています。
 TAB→SPC SPC→TAB 行末揃え 指定桁で折り返し
 Sort Uniq  UnUniq   Only  Contain  NotContain
しおり機能 で直ぐにカーソルを記憶した場所へ移動できます。
コンプリート機能 (入力補完)を搭載しました。簡単にフレーズを追加できます。
テキスト内GREP搭載ただの一覧表示ではありません。編集できてしまいます
HTMLタグ階層整形 を搭載しました。HTMLタグの不一致などが見易くなります。
テキスト相違 を搭載しました。簡易テキスト比較機能です。 
テキスト整形 を搭載しました。
サーチリスト機能 を搭載しました。アウトライン(見出し一覧)によく似た機能です。
プログラム開発支援機能 を搭載しました。

もっと詳しく説明を見る場合は、 unitextヘルプ を見てください。

↑ PAGE TOP